激動の歴史 - Glashütte Original

Glashuette_Original-changeful_history

激動の歴史

二度の世界大戦は、グラスヒュッテにも大きな影を落とし、街の住民のねばり強さと信念が試されることになりました。困難な政治・経済状況にもかかわらず、住民たちは適応能力、創意工夫、伝統の尊重により、職人技にいっそう磨きをかけました。

1951 年 7 月、経済体制の変化により、グラスヒュッテの既存のすべての時計会社が合併することになりました。ドイツの再統一後の 1990 年 10 月 16 日、Glashütter Uhrenbetrieb GmbH が商業登記されました。同社は、第二次世界大戦の終了以来グラスヒュッテに存在してきたすべての時計製造企業の公式の法定相続企業となりました。