グラスヒュッテの始まり - Glashütte Original

Glashuette_Original-the_beginnings

グラスヒュッテの始まり

19 世紀の中頃、ザクセン州の州都ドレスデンからわずか 30 km のところに位置するエルツ山地に囲まれた小さな街グラスヒュッテで、ユニークなサクセスストーリーが始まりました。1845 年、政府からの資金援助を得て、初めて数人の時計職人がこの街に定住し始めたのです。

ザクセン王国から貸付金を得たこの時計職人たちは、この街の住民に技術を伝え始め、やがて住民たちは独立した時計職人となりました。これがザクセン州の時計産業の基盤となり、まもなくグラスヒュッテの時計は世界中で抜群の品質の名声を得るまでになりました。こうした知識を未来に伝えるため、1878 年、グラスヒュッテ ドイツ時計製造学校が設立されました。