セネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェーズ

  • セネタ コレクション

    セネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェーズ

    グラスヒュッテ・オリジナルがセネタ・エクセレンス・ラインを拡大
  • リファレンス

    1-36-04-04-02-70
  • ムーブメント

    自動巻きムーブメント 36-04
  • 機能

    秒停止 パノラマデイト 時・分(センター) ムーンフェイズ
  • ケース

    ステンレススティール, リューズ ダブルGロゴ入り, ネジ込み式リューズ, 5気圧防水
  • 寸法

    直径 42.00 mm, 全体厚み 12.20 mm
  • ダイアル

    ガルバニック仕上げ,シルバーグレイ, 垂直ブラシ仕上げ, 蓄光塗料付きインデックス,アップリケ 18 ct ホワイトゴールド, '針 ロジウムめっき
  • ストラップ

    ステンレススティールブレス

キャリバー 36-04

    キャリバー 36-04
  • ムーブメント

    グラスヒュッテ・オリジナル マニュファクトリームーブメント, グラスヒュッテ・オリジナル証明書
  • 寸法

    直径: 32.3 mm
  • 宝石

    43
  • パワーリザーブ

    100時間
  • 振動数

    28,800 vph, に相当 4 Hz
  • 参考

    端正に仕上げたムーブメント グラスヒュッテ3/4プレートリブ仕上げ チラネジと 4調整用ネジ シリコン製ヒゲゼンマイ 調整ネジによる緩急微調整 スケルトンローター 〜と 21Kゴールド製振動錘 面取りされたエッジ ポリッシュ仕上げスティールパーツ ペルラージュ加工
  • ブルー、シルバーグレー、ホワイトに彩られるエレガンス

    このドイツの時計ブランドは、この人気のラインの新たな特徴の 1 つとして、現代的なデザインを加えセネタ・エクセレンス・パノラマデイトとセネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェイズに新しいモデルを発表しま した。

  • 品質保証

    セネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェーズは、グラスヒュッテ・オリジナルの時計製造の特色ある要素としてのパノラマデイト、ムーンフェーズによって、精度、駆動時間、安定性、および美の面でもキャリバー36の高度な新基準を継続しています。

  • ムーンフェーズ

    セネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェーズでは、曜日ディスプレイをグラスヒュッテ・オリジナル コレクションの別の古典的な特徴と組み合わせています: 文字盤内の曲線を描いたオープンエリア背後の10時位置と11時位置の間で移動するムーンフェーズです。

  • 新基準

    キャリバー36のグラスヒュッテ・オリジナルが確立した新基準は、セネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェーズの中に組み込まれました。時計全体と同様、その諸機能は極めて堅牢なデザイン原理によって識別されるだけでなく、ユーザーフレンドリーという点でも新しいベンチマークを定めています。

Even more Excellence from Glashütte Original
Varieties of Excellence

ご希望に近いモデル

18/10/2019

新しい品質基準

セネタ・エクセレンスは、新世代の時計の先駆者です。各モデルは、クロノメーターテストをも超える条件下で24日間テストされます。エングレービングと個々のテストの証明書は、すべての時計の品質シールとして働きます。

マニュファクトリーについての詳細

最良の職人技

ムーンフェーズディスプレイは、プフォルツハイムにある自社文字盤マニュファクトリーで念入りに制作されています。注意深いダイアモンドミリング加工によって、エレガントに丸められたムーンを作りますが、そのアーチ形のプロフィールはメタリックブルーの月夜と好対照です。

文字盤マニュファクトリーについての詳細
18/10/2019

エクセレンス

セネタ・エクセレンスのオーナーとしてお客様は、この時計のテストを経た品質を確信できますが、それ以上のものがあります:24日間の社内テストサイクル中のパフォーマンスを文書化した証明書。これにより、専用のオンラインポータルへのアクセスが可能となります。このポータルでは、お客様の時計の詳細なパフォーマンス結果をご覧いただけます。

セネタ・エクセレンスのオーナーポータル

グラスヒュッテ・オリジナルブティック

当社の時計に興味はございますか?グラスヒュッテ・オリジナル ブティックまたは正規代理店で実際にお手にとってご体験ください。

グラスヒュッテ・オリジナルブティックの概要