歴史

  • 歴史

    グラスヒュッテ・オリジナルの遺産

23/10/2017

グラスヒュッテ・オリジナルのルーツは、1845年にさかのぼり、この年に最初の時計製造マスターたちがグラスヒュッテに定住しました。彼らは、ザクセンに独立した時計製造産業を築くという夢を実現しました。その技術の直系の子孫として、今日グラスヒュッテ・オリジナルは、彼らのビジョンを21世紀に引き継いでいます。

  • 19世紀半ば、ザクセン州の首都ドレスデンからわずか30キロメートル離れたエルツ山地の小さな谷間に類まれなサクセスストーリーが始まりました。その名前が鉱床に由来するこの地域の経済的な将来性を見込んで、政府は野心的な事業に着手することを決定しました。これこそがグラスヒュッテという鉱山の町に時計製造業を創立するという計画でした。

  • 1845年12月7日、グラスヒュッテ最初の住人が時計製造者としての見習い期間を開始し、このようにして新種類の時計製造の基礎を定めました。ザクセン州政府の大胆な計画は成功し、20世紀初頭には、グラスヒュッテで製造された高品質の時計はその卓越性で世界中の尊敬を集めました。

  • その後の数十年間、時計製造者自身の強みに対する信頼は、困難な時代でも決してあきらめない意志とともに、決定的となりました。歴史の流れはこの小さな町を強烈にたたきましたが、最終的には生き残ったグラスヒュッテの時計製造者は1951年に国営企業 (VEB) のもとに統合されました。

  • 柔軟性、革新力、および伝統の育成によって、この国営企業は東ドイツ時代を生き残っただけでなく、一層の発展の基礎を築くことができました。

  • 1994年以来、グラスヒュッテ・オリジナルのブランドは、途切れることなくこの伝統を受け取り、ドイツ再統一後に出現したグラスヒュッテ時計製造会社の遺産を継承しました。2000年にグラスヒュッテ・オリジナルはスウォッチグループ傘下に入り、それ以降グループとともにマニュファクトリーの時計製造ビジョンは果てしがありません。